個人・夫婦(カップル)・家族のための相談室併設/心理療法の実践・研究・教育訓練のための研究所

公開講座

IPIが重視する夫婦・家族療法を中軸とした統合的心理療法の考え方や技法を学ぶ講座や、夫婦・家族関係の理解と援助について学ぶ講座など、心理臨床家や対人援助職、学生などを対象とした公開講座です。心理療法の実践経験が無い方でも参加できる入門レベルのものから、現任の心理療法家のスキルアップを目指すものまで、さまざまな講座を開講しています。

※臨床心理士、家族心理士、家族相談士の資格ポイントについては、講座によって異なりますので、それぞれの講座の詳細でご確認下さい。

家族療法技法訓練(通年講座)家族理解と援助のための入門講座Ⅰ対談:平木典子×団士郎シンポジウム:多職種連携とアサーション事例検討会(1日講座)ビデオで学ぶ夫婦・家族合同面接の実際(1日講座)

 

 

家族療法技法訓練(通年講座)~ ロールプレイを通して夫婦(両親)・親子・家族合同面接の基礎を体験的に学ぶ

近年、さまざまな心理臨床現場に夫婦(両親)・親子・家族の問題が持ち込まれるようになってきました。それにともなって、複数の家族メンバーが来談するケースも増えてきました。そうした合同面接では、個人心理療法の考え方と関わり方だけでは、問題を十分に理解できず適切に対応することが難しくなります。したがって、合同面接を効果的に行えるようになるためには、理論学習はもとより、ロールプレイによる体験学習が非常に役立ちます。

本講座は、IPIが隔年開講してきた夏期集中講座の内容を、月1回じっくり時間をかけて行います。毎回、架空事例を用いて夫婦、子どもが来談しないケースの両親面接、子どもと親などの合同面接場面のロールプレイを行い、小グループに分かれて参加者が家族の役割とセラピストの役割の両方を経験します。それぞれの小グループにはスタッフが加わり、ロールプレイ中に適宜セラピスト役にアドバイスするなどして、学びをサポートします。

日頃の心理臨床実践の中で、個人への心理的援助を中心に行いながらも、夫婦(両親)・親子・家族合同面接を取り入れていきたいと思われている方、家族療法の基本的な技法を身につけたいと考えている方の参加をお待ちしております。

講座内容(予定)
  • 導入技法 — リクルートメント
  • 基本的態度と技法 — ジョイニング・多方向への肩入れ・戦略的中立性
  • 基本的な質問の仕方 — 個人に焦点を当てた質問と関係に焦点を当てた質問・円環的質問法
  • 変化のための技法 — リフレーミング・ジェノグラム
  • 面接場面における葛藤への対処の仕方
  • セラピストの理解をどう伝えるか         など
定員20名(12名以上で開講)
対象
  • 現任の臨床心理士、家族心理士、医師(精神科・心療内科・小児科など)、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童心理司、児童福祉司、家庭裁判所調査官、個人療法の実践経験があり家族療法の基礎理論を学んだ方、夫婦(両親)・親子・家族合同面接を取り入れたいと思っている方、IPI主催の『基礎理論講座』を修了した方、など

※条件を満たせば、臨床心理士資格認定協会研修ポイント申請予定、家族心理士・家族相談士継続研修ポイント取得可能。
※臨床科に入学するための必修要件となります。

日程土曜日 10:00~12:30(2時間30分) 全8回
2019年4月20日、5月11日、6月1日、7月27日、8月31日、10月5日、11月16日、12月14日
会場東京・湯島(全国家電会館
講師野末武義・藤田博康・森川早苗・北島歩美・岩井昌也・平木典子 スタッフ紹介はこちら
参加費125,000円(別途消費税8%)
申込締切定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

 

家族理解と援助のための入門講座Ⅰ 

近年の社会の急激な変化と共に、親子・夫婦・家族のありようも大きく変わってきました。虐待、不登校やひきこもりなどの子どもをめぐる問題は、ますます深刻化しています。文科省によれば、2017年度の児童生徒の自殺者数は250人と過去30年間で最多であり、うち原因不明が140人、進学問題が33人、家庭不和が31人、いじめは10人となっており、子どもにとっていかに家族が重要な存在かが分かります。また、DV、離婚や再婚、不妊治療、不倫などの夫婦間の問題も、決して一部の特殊な夫婦の問題ではありません。そして、教育・医療・福祉などの現場で、このような家族の問題への対応が求められることが増えてきました。しかし、このような家族の問題をどう理解したら良いのか、どのように対応したら良いのかということについて、迷いや不安、葛藤を感じる援助者も少なくないようです。

本講座は、家族心理学や家族療法の基礎理論を基に、さまざまな心理臨床現場に持ち込まれる家族の問題を理解し援助に役立てることを目的としています。これまでの家族に関する学習経験や援助経験は問いません。日頃は個人を対象とした実践を中心に行っていて家族関係についての理解を深めたい方、個人だけではなく家族合同面接を取り入れたいと思っている方、そして、家族の問題と関わることに対して難しさや疑問を感じている方の参加をお待ちしております。

講座内容(予定)
  • 個人療法における家族の位置づけと家族研究の歴史
  • 女性と家族
  • システムとしての家族:個人・家族・社会の相互影響関係
  • 家族のライフサイクル:結婚から老年期までの発達課題と危機
  • さまざまな家族療法理論・個人面接と合同面接の比較
  • 男性と家族
  • ビデオ視聴で学ぶ家族合同面接の実際・セラピストの基本的態度と技法
定員40名(15名以上で開講)
対象
  • 夫婦・家族療法についての学習経験、個人療法の経験は問わない

  • 夫婦・親子・家族関係の理解と援助に関心のある臨床心理士、家族心理士、家族相談士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童福祉司、家庭裁判所,調査官、認定カウンセラー、産業カウンセラー、看護師、保健師、養護教諭、教師、保育士、ケースワーカー、介護職、ケアマネージャーなどの対人援助職、心理・教育・福祉など関連領域専攻の大学院生

※参加者の割合が基準を満たせば、臨床心理士の研修ポイント、家族心理士・家族相談士ポイント取得可能

日程2019年7月14日(日)• 15日(月) 2日間(9:30~16:30)
会場東京・両国(KFC Hall & Rooms
講師野末武義・藤田博康・森川早苗・北島歩美・岩井昌也 スタッフ紹介はこちら
参加費20,000円(別途消費税8%)
申込締切定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

 

対談:平木典子×団士郎 〜家族援助・家族療法を学ぶ・教える・伝える

1984年、日本家族心理学会(現一般社団法人日本家族心理学会)と日本家族研究・家族療法学会(現一般社団法人日本家族療法学会)が誕生し、2017年に95歳で亡くなった構造派家族療法の創始者Salvador Minuchinが来日しました。また、遊佐安一郎先生の著書「家族療法入門―システムズ・アプローチの理論と実際」が発行されたのもこの年であり、わが国の家族療法の歴史が始まったと言えるでしょう。それから35年が経ち、日本の夫婦・親子・家族のあり方やそこから生じる問題も大きく変わってきました。それにともない、様々な心理臨床の現場にそうした問題が持ち込まれることが増えている一方で、日本では欧米ほど家族療法が一般的には普及していないという現実もあります。

今回対談をお願いした平木典子先生も団士郎先生も、日本の家族療法の黎明期から海外や国内でトレーニングを受けられ、自らの心理臨床現場で実践し、さらに研修やスーパービジョンなどを通して後進の教育にあたってこられました。今回の対談では、まずそれぞれの先生がどのように家族援助・家族療法を学んでこられたのか、実践してきたのか、後進の教育をしてきたのかについてお話しいただきます。その後、現在さまざまな心理臨床現場で家族援助・家族療法を実践している人たち、これから実践したいと考えている人たちや戸惑いを感じている人たちに、お二人から伝えたいことを自由に語っていただきます。理論や技法を学ぶのとは違った、刺激的で豊かな学びの時間になることと思います。

家族援助・家族療法について関心のある、多くの心理臨床家の参加をお待ちしております。

定員200名
対象
  • 臨床心理士もしくは資格取得見込みの方、家族心理士、家族相談士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童心理司、児童福祉司、ケースワーカー、家庭裁判所調査官、医師(精神科・心療内科・小児科など)、心理系大学院生および学部生など

※参加者の割合が基準を満たせば、臨床心理士の研修ポイント申請予定、家族心理士・家族相談士継続研修ポイント取得可能。

日程2019年8月4日(日)10:00〜13:00
会場東京・湯島(全国家電会館)予定
講師

団士郎(仕事場DAN・元日本家族心理学会常任理事)、
平木典子 スタッフ紹介はこちら

参加費5,000円(別途消費税8%)
申込締切定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

 

公開シンポジウム:多職種連携とアサーション

2017年に公認心理師法が施行されました。その養成カリキュラムには、多職種連携が明記されました。心理専門職の多職種連携は、公認心理師のみならず、さまざまな領域で活躍してきた臨床心理士等の実践においても欠かすことのできない業務でした。しかし、これまでの心理専門職の養成や教育においては、心理療法や心理テストの理論や方法を習得することに多くの時間が割かれ、多職種連携については臨床現場に出てから実際に学ぶことが大半だったでしょう。また、クライエントの話を“聴く”ことについては学ぶ機会は多かったかもしれませんが、多職種連携で必要となる“話す”“伝える”方法やスキルについては、必ずしも十分に学ぶ機会があったとは言えないでしょう。

どのような心理臨床の現場であれ、心理専門職が他の専門職と協働しながら心理的支援を行っていく上では、お互いの専門性や立場の違いを尊重しつつ、相手の意見を聴いて理解したり、心理専門職としての意見を伝えて理解してもらうことが必要です。そのためには、心理専門職が他の職種の専門家とアサーティブに関わることが求められます。

本シンポジウムでは、心理専門職の5つの活動領域で活躍している話題提供者に、それぞれの領域や職場における多職種連携の実際とそこで生じる葛藤、それに対する工夫や課題についてお話しいただきます。そして、指定討論の平木先生からは、アサーションの観点からコメントをしていただき、心理専門職の多職種連携への取り組みについて、参加者の皆様と考える時間にしたいと考えています。

現在の職場で多職種連携について課題を感じている方、アサーションについて学んだ経験がある方はもちろんのこと、アサーションについて知識の無い方や、将来心理専門職を目指している大学院生や学部生の参加も歓迎します。

講座内容(予定)
  • 話題提供: 保健・医療領域:大山寧寧(日本赤十字社医療センター)
          教育領域:北島歩美(日本女子大学カウンセリングセンター)
                福祉領域:大塚斉(武蔵野児童学園)
                産業・労働領域:隅谷理子(大正大学,キューブ・インテグレーション)
                司法・犯罪領域:交渉中

  • 指定討論:平木典子(IPI統合的心理療法研究所顧問・元日本家族心理学会会長)
定員100名
対象
  • 臨床心理士もしくは資格取得見込みの方、公認心理師、家族心理士、家族相談士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童心理司、児童福祉司、ケースワーカー、家庭裁判所調査官、医師(精神科・心療内科・小児科など)、将来臨床心理士もしくは公認心理師を目指している大学院生および学部生

※参加者の割合が基準を満たせば、臨床心理士の研修ポイント申請予定、家族心理士・家族相談士継続研修ポイント取得可能。

日程2019年10月27日(日)10:00〜13:00
会場東京・目白台(日本女子大学新泉山館・予定)
講師

平木典子・大山寧寧・大塚斉・北島歩美・隅谷理子ほか
スタッフ紹介はこちら

参加費5,000円(別途消費税10%)
申込締切定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

事例検討会(1日講座) ~夫婦・親子・家族の事例検討を通して統合的心理療法の実際を学ぶ

近年の心理臨床現場に持ち込まれるケースには、個人の心理的問題と家族の関係性の問題が複雑に絡み合ったものが増えています。このようなケースには、個人の心理的側面を理解し適切に関わることはもちろんのこと、家族の関係性を見立て必要に応じて介入していくことがより効果的であり、統合的な視点が役立ちます。

本講座では、個人療法はもちろんのこと、母子並行面接、カップル・セラピー、家族療法、問題を抱えた本人が不在の面接など、さまざまな治療形態の中で夫婦・親子・家族の問題を抱えた事例を取り上げ、どのようにして統合的に見立て介入していくかを検討します。事例提出者と講師だけでなく、参加者の皆さんとも積極的なディスカッションをする中で、互いに学び合う機会にしたいと思っています。

医療・福祉・教育など、さまざまな心理臨床現場での事例提出を歓迎します。

*事例提出ご希望の方は申し込みフォームの備考欄に概要をご記入ください。

定員12名(8名以上で開講)
対象
  • 個人療法の経験がある臨床心理士、家族心理士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童福祉司、ケースワーカー、家庭裁判所調査官、
    認定カウンセラー、産業カウンセラー、大学院生など
  • IPI主催の基礎理論講座、家族療法技法訓練等の修了者および参加者

※基準を満たす場合、臨床心理士資格認定協会研修ポイント取得可能。

日程2019年6月2日(日)および11月10日(日) 10:00~17:30(1日だけの参加も可)
会場IPI面接室(予定)
講師6月:野末武義・森川早苗・北島歩美
11月:野末武義・藤田博康・平木典子 スタッフ紹介はこちら
参加費各日とも 15,000円(別途消費税:6月は8%、11月は10%)
定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

 

ビデオで学ぶ夫婦・家族合同面接の実際(1日講座)

複数のメンバーを対象とする夫婦・家族合同面接は、セラピストとクライエントの1対1の個人面接とはさまざまな点で異なります。セラピストは、一人ひとりを受容し共感的に応答するだけでなく、目の前で展開される夫婦・家族関係を理解し、葛藤に対処し、適切にその場をリードしなければなりません。夫婦・家族療法の世界では、古くからセラピストのトレーニングの方法として、合同面接場面のビデオが活用されてきました。また、IPIでは毎年ロールプレイを活用した家族療法技法訓練を行ってきましたが、参加者からは「面接場面のビデオを見てみたい」「講師が実際に面接をやっているところを見てみたい」というフィードバックを多くいただいています。

この講座では、家族療法の初回面接のビデオと、映画に登場するカップル・セラピーの場面を題材として、講義やワークも取り入れながら、介入のポイントとコツについて学びます。セラピストは、セッションの中で何を考え関わっているのか、個々の家族メンバーの心理に配慮しつつ関係を扱うために、どのような言葉を用いて変化を促進しているのか等、多くのことを学ぶ機会となるでしょう。

これまでに夫婦・家族合同面接の経験が無い方はもちろんのこと、ある程度経験はあるものの今ひとつコツが掴めないと感じている方やスキルアップを目指したい方まで、多くの方の参加をお待ちしております。

講座内容(予定)
  • 中釜洋子「説き明かし私の家族面接」より
    ①初回面接の実際
    ②家族とセラピストによるふりかえりと解説
    ③逐語記録の検討:ジョイニング・共感的応答・多方向への肩入れ・リフレーミングの実際
  • 映画の中で描かれたカップル・セラピーの場面を題材に
    ①セラピストが陥りがちな失敗:何を見てどう意味づけるか
    ②カップル・セラピー成否の鍵:夫をどう理解し関わるか
    ③セラピストの戦略的中立性
定員40名(15名以上で開講)
対象
  • 夫婦・家族療法についての学習経験、個人療法の経験は問わない
  • 夫婦・親子・家族関係の理解と援助に関心のある臨床心理士、スクールカウンセラー、家族心理士、家族相談士、臨床発達心理士、精神保健福祉士、児童福祉司、家庭裁判所調査官、認定カウンセラー、産業カウンセラー、看護師、保健師、養護教諭、教師、保育士、ケースワーカー、介護職、ケアマネージャーなどの対人援助職、夫婦・家族の問題に携わっている弁護士、心理・教育・福祉など関連領域専攻の大学院生および学部生

※参加者の割合が基準を満たせば、臨床心理士の研修ポイント取得可能、家族心理士・家族相談士継続研修ポイント申請予定

日程2019年10月6日(日)9:30~16:30
会場東京・両国(KFC Hall & Rooms
講師野末武義 スタッフ紹介はこちら
参加費12,000円(別途消費税10%)
申込締切定員になり次第締切
キャンセルについてお申し込み後のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を頂戴いたします。
※ご返金の際、送金手数料は差し引かせて頂きます。

  • お申し込み後~開講22日前まで 無料
  • 開講21日前~15日前まで 合計金額の20%
  • 開講14日前~4日前まで 合計金額の50%
  • 開講3日前~当日 合計金額の100%

 

 

PAGETOP
Copyright © IPI 統合的心理療法研究所 All Rights Reserved.